Cat5eとCat6・Cat6aの違い

Catとは

LANケーブルの規格を表す。

 通信速度とか周波数が異なります。



Cat5eの特徴

・昔からある定番商品(主流)

 最大通信速度は1G bps、伝送帯域は100MHz

 (ちなみにCat5の最大通信速度は100MHzです)


・コストを抑えれる

・NTTやKDIが使用している(スピードや容量)


Cat6・Cat6aの特徴

・単価が高くなる

・速度が上がる(環境による)

 ルーターやハブ等によっては速度が異なる

 最大通信速度はCat6で1Gbps、伝送帯域は250MHz

Cat6aで10Gbps、伝送帯域は500MHzになります。



Cat6・Cat6aのメリット・デメリット

メリット

 Cat5又はCat5eに比べ通信速度は速いです。

デメリット

 我々がケーブルの成端するときには、Cat5又はCat5eに比べ

 少しお時間を戴くことになります。(部品の数が多いです。)

 又、ケーブルの太さも若干太くなります。

Cat6・Cat6aの施工注意点

 小さい部品が多いため慎重にする必要があります。

 チェッカーをかけて成端が間違いないかをチェック致します。

 ご安心ください。


まとめ

 例えば光回線を引いたのにCat5ケーブルを使用している・・・

 となると通信速度は落ちてしまいます。

 最適なLANケーブルを選ぶ必要があります。

ご依頼を山根通信までご連絡ください。


アーカイブ

人気記事